送迎バス運行管理サービスとは??

業務管理の手間や万一の時のリスク管理の負担を軽減

送迎バス運行管理サービスとは、正式には「自家用自動車運行管理請負業」といいます。 簡単に言いますと、「運転士専門の人財派遣業(※正式には請負)」です。 お客様のお持ちの送迎バス(ハード)に対しての運転、人財の労務管理、事故対応などの総合管理(ソフト)を長期的な契約に基づき請負う事業のことです。 このシステムを採用することにより、業務管理の手間や万一の時のリスク管理の負担を軽減できます。 ちなみに、ハード(車両)の持ち込みによる旅客自動車運送業や自動車運転代行業とは異なります。お客様にご用意頂くのは車両のみとなります。

ソフト(カノン・エージェンシー)

  • 専属運行スタッフ

    ・車両の運行
    ・日常点検
    ・給油管理
    ・車両の清掃

  • 営業部スタッフ

    ・求人、人選、教育
    ・健康管理(健診)
    ・労務管理
    ・保険手続き
    ・事故対応、補償
    ・アフターサービス(定期訪問)

  • 運行部スタッフ

    ・臨時代務運行
    ・実地研修
    ・定期安全運行研修
    ・安全管理
    (ドラレコ、アルコールチェッカー)

送迎バス運行管理に関するトータルサービスのご提供

送迎バスに関してこんなお悩みはございませんか??

送迎バスに関してこんなお悩みはございませんか??

そのお悩みカノンの送迎バス運行管理サービスが解決いたします!

カノン主な業務の流れ~カノン人財フローチャート~

カノンの命ともいえる現場スタッフの「カノン人財フローチャート」をご覧いただき、当社の主な業務内容をご理解いただければと思います。
※わかりやすくするために、( )はあえて製造業をイメージさせ、「ヒト」を「モノ」に例えてご説明差し上げます。

お客様とご成約(受注)

反響営業により、「営業部」が仕事をとってきます。

kanri_yazirushi

求人手配(発注)

「営業部」が求人会社等選び、掲載内容(エリア・給与面・現場の雰囲気など)を吟味し、募集をかけます。

kanri_yazirushi

会社説明・面接(仕入)

「営業部」が会社・現場について細かく説明し、職務、現場の適性があるか面接し、判断します。

kanri_yazirushi

実地試験・適性検査・健康診断(検品)

「営業部」が適性検査と健康診断を手配し、「運行部」が「実地試験」をし、評価します。

kanri_yazirushi

社内研修(加工)

「営業部」が会社と現場について説明および座学・マナー・現場のルールなどの細かい研修をおこいます。

kanri_yazirushi

現場研修(加工)

「営業部」が先方責任者と顔合わせをおこないます。また、当社で保険加入手続きやコース地図の作成をし、「運行部」が現場でコースや運行技術等の研修を行います。

kanri_yazirushi

現場勤務開始(納品)

現場スタッフの全ての研修が終わったら、「営業部」は改めて研修終了の挨拶に伺います。

kanri_yazirushi

アフターサービス(メンテナンス)

ここからが一番大切な業務となります。
「営業部」は最低月に1回以上、お客様と現場スタッフの元へ足を運び、双方のパイプ役になれるよう全力で努めます。 お客様には現場スタッフの評価を伺い、現場スタッフには雑談を通して時には愚痴や不満、改善点を聞きメンタルケアを心がけ、お客様に交渉や提案等するために、日ごろから細めなアフターサービスをします。
また、現場スタッフがお休みの時には「運行部」が代務運行をしてフォローします。そして、年に数回運行チェックとして、現場スタッフの同乗研修も行います。

送迎バスならカノンにお任せ下さい!カノンの5つのメリット

ご契約システム詳細